×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

みやぎ里山文庫 
 08-002 
川崎町の山
 ■地形図
今宿 (1/25000)
 ■所在地
柴田郡川崎町古宿
 ■実施日
 ■登山道
登山道なし
 ■ マップ

ルートマップ(PDF)
泣面山 (なきつらやま)
 標 高 / 三角点
 751.0m / 三等三角点
 概 要


泣面山は、川崎町今宿の北にある国道286号線を見下ろす山で、山頂からの展望がよい。 特にオボコンベ山の全容をまじかに見るには、ここにつきる。

近年の伐採で東尾根からのコースが明確になり迷うことも無い。 南コースは雑木林の中のわずかな踏み跡をたどる。 最初の沢の分岐は中央の小さな尾根に路があり、やがて消えるが左の杉林の中を急登する。

鞍部についたら慎重に踏み跡を探すこと。 右手上方へとかすかな踏み跡がある。 稜線部から10mぐらい下部にある。

所要時間=比高441m 登り(南口から):110分 下り:60分
  

 特 記

 
 ※ 国道286から古宿へ入るには山形よりに通過してから戻る形になる。 
    登山口の墓地は集落東端から国道の下を潜って入る。

 ※ 東隣に大上山(だいじょう377・4m)がある。 まるでシシナゴ山そっくりさん。
  

泣面山
泣面山

【報告者:源兵衛】 06/05/13 

みやぎ里山文庫

 

泣面山
 ■実施日
2004年11月30日
 ■登山道
登山道なし
 ■ マップ
なし
東尾根ルート 
 概 要


泣面山の東尾根端にある送電線の鉄塔まで電力の巡視路を利用し、一番上の鉄塔から尾根上を忠実に辿る事が出来る。 尾根上に道はないが、微かに踏み跡が残る。

国道から見る泣面山は木々の繁る深山に見えるが、北斜面は丸坊主に伐採されていた。 見晴らしは良いが淋しい。
  

 特 記

 
 ※ 夏草が繁ると足下がわからなくなるので踏み外さないように注意する。

 ※ 川崎町では、泣面山に雲がかかると雨になると言われている。
   

【報告者:源兵衛】 06/05/22 

みやぎ里山文庫