×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

みやぎ里山文庫 【 角田市・丸森町の山 】
 22-008 
山   名 五 社 壇
よみがな ごしゃだん
標高/三角点 383.0m / −
地形図名 丸森 (1/25000)
所在地 福島県相馬郡新地町
概 要

 五社壇は、宮城県丸森町と福島県新地町の県境にある山。 亘理地塁山地の南端にある山です。
 五社とは、白山・羽黒・羽山・山王・牛頭天王の五つの神社が祀られていた事から名づけけられたと云われる。 また、この場所は平安時代に安倍氏と源氏が戦った古戦場で、五社壇は安倍氏の守り本尊として建立されたと伝えられている。

 五社壇に登るには、南の鈴宇峠から登る。新地町から鈴宇峠に向うと峠の手前に北に登る林道がある。 最初の部分だけ舗装路だがスグに切れて山道になる。 林道の最上部まで登り西の尾根に向って杉林に入ると、尾根の杉林と雑木林の間に薄い踏み跡がある。 尾根に沿って約10分ほど登れば五社壇山頂に着く。

 山頂は木々に囲まれ眺望はない。 古い石祠と石碑が並んでいた。 榊が供えてあったので里の信仰が続いているようだ。 山頂から西に踏み跡の道があったので里に下る道があるようだが、確かめていない。

所要時間=登り:30分 

特 記 ※ 当時、鈴宇峠の道は拡張工事中で通りぬけが出来なかったが、現在は通行出来るようになったかもしれない。
  
登山実施日 2004年3月23日
地 図 アクセスマップなし / ルートマップなし
五社壇
五社壇
山頂の石祠
山頂の石祠
   

【報告者:マルゴ】 06/07/13 

角田市・丸森町の山

 

 

     【 ご注意 】 

 ※ 山記録・地図は、PDF形式のファイルで作成しています。 
 ※ PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe社の「Adobe Reader」が必要になります。
      お持ちでない方は、下のボタンをクリックしてください。(無料でダウンロードできます)

adobe.Reader画像  Adobe社の「Adobe Reader」は、こちらからダウンロードできます。